常に観察されている?

インドの町

インド

·面積 3,287,000 km²
·人口 13.24億 (2016年)
·言語 主にヒンディー語 
 その他方言を含むと800種類以上の言葉があると言われています。
·首都 デリー

日本

·面積 378,000 km²
·人口 1.27億 (2016年)
·言語 日本語
·首都 東京

インドではなんだかいつも見られている感じ

インドではあまり一人になることがない。というのも、どこへ行っても一人で座っていても、誰かしら話しかけてきます。これは、日本人だから、とか関係なくインド人同士もみんながそんな感じです。壁がないんですね。とっても普通にごくごく普通に話をかけてくる人が多いです。
ある日、私がチャイ屋さんに座っていました。
隣の席にインド人の夫婦が座りました。その夫婦はチャイとサンドイッチみたいなものを持っていました。私は自分のチャイを飲み終わりさて行こうかなと考えていると、隣の夫婦は私に無言でサンドイッチ食べるか?と差し出してきました。
私はもう行くから大丈夫ありがとうと挨拶をしてその場を去りました。
日本ではなかなか考えられなのではないでしょうか。インドでは、すごく普通にこうゆうことがあります。水を渡してきたり、食べ物を分けてくれたり、初めましてだけど、家族。みたいな感じ。
私はこんなインドの文化が大好きです。

インドの大抵の人たち、出きません、知りません、と、言いません

すごくポジティブです。何かをお願いすると必ず出来る!と言います。そして挑戦します。なのですが、いつになるかは分からない。笑 何か質問すると、何か答えてくれます。なのですが、それが正解かは、何人かに確認しないと分からない。笑
ポジティブなのですが、それによって後にネガティヴな結果になったりもします。
例えば道を知りたい時、電車の乗り方、バスの乗り場などなど、何人かに聞いて自分でしっかりと正解を見つけることが大切なんだな~と感じました。決して、悪気があるわけではないので、怒らないで頼りすぎずおおらかにそこを受け止めましょうね。ポジティブは尊敬できる部分でもありますね。

例えば誰かに道を尋ねた時、近くにいる人が集まってきて、みんなが一緒に考えてくれます。
中にはただ見てる人、という人もいますが気づくと何人かで会議みたいになってたりする。親切ですよね。笑 

おじさんが無邪気。日本にも無邪気なおじさんはいます。けれどインドのおじさんの無邪気っぷりは、計り知れません。きゃっきゃしてます。たまにおじさん同士で、追いかけっこみたいな光景も見ます。ほのぼのします。

交通ルールはあるのか?

ルールは存在しないのではないか!と思うほど、車の運転が激しいです。そして、クラクションも凄まじい。そして、夜は常にハイビーム。眩しいです。道路に引いてある線は一応引いてあるようなもので、みんな無視して追い越したり、並んで走ったり、ぶつかったり。車同士こすったりぶつかったりするのは結構あります。大きな事故出ない限り、ぶつかってしまった時、大体は叫んで注意して終わり。少し話し合って終わり。時には軽く会釈して終わり。
日本では信じられません。

Yogavini Hiroko

    関連記事

    1. タージマハル

      インドに恋をした 初めてのインド滞在記

    2. デリー

      広いインドはいろんな色 

    3. インドの少年

      インドで注意するべきこと