広いインドはいろんな色 

デリー

いろんな色を持つ広い広いインドという国

Laddakh1
インドは広く、その場所その場所で違った雰囲気、空気、文化、人柄があります。訪れる先々どこもそこの色がしっかりあり、長く続いてきた歴史のような、大切にしているものが見える、そんな人々の生活感を感じることができます。変わらないのはどこに行っても生き生きしている。
いろんな色を持つ広い広いインドという国、そんな色彩豊かな部分も魅力の一つではないかなと思っています。

北は活気があり、何かに向かっている感じ。
南はだら~っと。良い意味では北に比べて、落ち着いている。ゆっくりしている感じ。

北インドと南インドの食の違い

北はこってりカレーに全粒粉で作ったチャパチティー
ターリーと言って、ダル、サブジ、チャパティー、ライス、ヨーグルト、とワンプレートになったインド料理の定食が定番。
インドの食事
南はさらさらとしたカレーにライス。
·ドーサ 発酵させた生地を薄く焼いて大きくくるっと丸めたもの。チャツネやサンバールと食べることが多いです。
·ビリヤニ ライスにスパイス、野菜などの米料理。

南では、北に比べると、チキンや魚も食べられている所が多く、カレーやビリヤニに魚や、チキン、マトンなどの料理も頻繁に見かける。

気候の違い

Wikipediaより

北インド

5月がもっとも気温が高くなり45℃を超すこともあり、3月下旬~9月下旬まではひたすら暑く特に4月~6月は酷暑となる。7月~9月は雨季だが、1時間程度の激しい雨が降る程度で湿度は高く蒸し暑い。一方、同じ5月にヒマラヤ周辺の峠では積雪のために自動車が通行できないこともある。北インド平野でも冬季、特に12月中旬~1月下旬にはショールが必要なほど冷え込む。北インド平野の西部にあたるラジャスターン州エリアは、典型的な砂漠気候で高温となり特に3月下旬~9月下旬までは、降雨も少なく、厳しい乾燥地帯で4月中旬~6月頃は特に酷暑となる。12月中旬~1月下旬の約1ヶ月強は、朝晩には防寒対策が必要なほど冷え込み昼間と夜間の気温差が大きい。

南インド

南インドは一年中暑いが、夏季の気温は北インドの方が砂漠気候であるために大幅に上回る。年間を通しての気温差は少なく、低くて20℃超、普段は30~35℃程度。6月~9月の雨季の4ヶ月間は激しい豪雨に見舞われ、毎年のように洪水が発生しムンバイのような大都市の都市機能が麻痺することもある。南インドでもバンガロールは標高が800mある高原であるため年間を通し過ごしやすいため、外国企業が集まるIT都市として発展したほどである。

東海岸とコルカタ

コルカタや東海岸は夏季の気温は高く東海岸では湿度も高い。6月~9月の雨季は、気温が40度近くなり、湿度90%を超えることもある。12月と1月の冬は北インド平野ほどではないが冷え込みがある。

ケラーラ州

年間を通し気温の変動が少なく常夏ともいえるが、5月下旬~9月の雨季の降雨量は多い。

ヒマラヤ地方

冬場は気温は低く奥地では道路が凍結で通行止めになることがある。シムラーやダージリンは他地方が酷暑の時期に避暑地となる。ダージリンの雨季は6~9月で多雨。ヒマラヤも見えない日が多い。

    関連記事

    1. インドの町

      常に観察されている?

    2. Varanasi

      インドでかかりやすい病気と狂犬病

    3. インドの少年

      インドで注意するべきこと

    4. タージマハル

      インドに恋をした 初めてのインド滞在記

    5. 地球の歩き方ヨガビニ掲載情報

      旅行バイブル「地球の歩き方」にヨガビニが掲載